食物を薬と考えたら

新年2日目。
まだお正月休みの方が多いと思います。
今日はちょっと食事の話をしてみようかと。
食事の指導って結構難しいです。
なにしろ忙しい皆様だから、よいとは分かっていても
日々簡単に摂取できるものでないと続かない。
尚且つ、毎日地道にしっかり取らないと効果が感じられないこともあります。
そう考えると使い勝手のよい食べ物ってかなり限定されてくるのですが。
やまいも
ごま(すりごま白黒)
なつめ
くこのみ

この4つが私的にオススメしやすい食材かな。
特にやまいもは疲労、倦怠、咳、消化促進など効能がすばらしい。
腎臓が丈夫出なはい方にはゴマと共にマスト食材です。
最近のわたしのお気に入りは
山芋レンジ

皮付きのまま、100グラム程度の大きさ(これが大事)に切ってラップでチンしておきます。
ほどよく柔らかくなったら出来上がり。
これ以上手間をかけたくないときは手でさっくり半分にしてスプーンで頂く。
味はお好みで。
結構味付けなしで頂けちゃいます。
レンジで柔らかくしてしまえば、
あとはいかようにでも調理できるのでお手軽と思います。
梅で和えてもよし、スープにいれたりとかですね。
まずは2週間、毎日取る。
3ヶ月続けるとかなり身体に変化がみられます。
私の場合は腰周り(特に腎臓あたり)が柔らかくなりました。
無駄に汗をかかなくなったという方もいらっしゃいます。
年末に風邪を引いてしまい、買い物にいけていない!
明日こそ山芋を買って体力戻さねばね。
皆様もこの機会に是非お試しください。