味噌のススメ 1

「アレルギーに何がよいですか?」
とのご質問をよく受けます。
いつも治療室ではこんな会話をしています。
①苦手なものを摂取しない、触れ合わない
まずは症状が悪化する要因を見つけ出して取り除くことがマスト。
分かりやすい例で言うと「アレルゲン」を取り込まない。
花粉だったら洗い流すとか、ネコアレルギーだったらネコ飼わないとか・・・ですね。
特にアトピーの方は甘いものはだんだんと控えていきましょう!
ってよく言ってます。
②乳製品はなるべく摂らない。
諸説ありますが・・・
これは実体験に基づいてます。
筋金入りのアレルギー患者だったわたし。
乳製品が好きすぎてチーズは恵方まき状態で食していました。
でもあるときから激減させてみたら、明らかに体調に変化が。。。
それ以来恐ろしくて、外食のときにチーズを頂く程度にしております。
③乳酸菌をしっかりとる
次に、アレルギー系のご病気は腸内の環境を整えてなんぼです。
腸内環境を整備するために必要不可欠な乳酸菌!
乳酸菌のお話をすると皆様ヨーグルトを思い浮かべるのが普通です。
しかし皆様、
冷蔵庫に素晴らしい食材があるではないですか!
そう
味噌です。
味噌の原料は大豆、これはみんなが知ってますよね。
でも大豆そのものは陰陽で分けると陰性の強い食材であります。
むむっ、
食材の陰陽とはなんぞや?との声が聞こえてきた!
はい、それはざっくり言いますと、
カリウム元素が多い食品が陰、陽性はナトリウム元素の多い食品のことであります。
ご参考までにこの表をご覧ください。
食材の陰陽表 
ちなみに、陰陽どちらかがよいのではないことはお忘れなく。
陰と陽のバランスが取れていることがベストなのです。
これを「中庸」といいますね。
もう一回ちなみに・・・
わたしの本名は「庸子」、両親は中庸を願ったようですがこんなことになりました。
そんな陰性の大豆が、発酵し、
タンパク質は分解しいくつものアミノ酸を生み出して・・・
ここでまた東洋哲学的な話になりますが、
陰きわまれば陽になるのです。

陰性のカリウム元素が、ナトリウム元素に大転換するのです。
おもしろいですよね!