鍼灸治療

鍼治療

痛くなく痛みを取る

鍼治療は針を刺すことから注射のように「痛いのでは」と思う方も少なくありませんが、使用する鍼は髪の毛ほどの極細の鍼ですので、痛みはほぼありません。筋肉のコリやツボに鍼を刺すとズンとした鈍い重さを感じることはあります。また、鍼治療で跡が残ることはほぼありません。衛生面も滅菌処理が施された使い捨ての鍼を使用しているため安全です。

治療室クリスタは自費の治療院です。患者様の根本的な身体の不調によりそいながらしっかりと効果のある施術を心がけています。鍼灸は身体的な不調だけでなく、心の不調(うつ症状、過度の高揚、不安、イライラ)などにも効果を発揮します。「こういう症状は鍼灸の適応に当てはまるのかどうか」と思われたら、一度、ご相談ください。

髪の毛ほどの細い針から、中国鍼までを使い分けて適切な治療を行なっています。お顔周りや内臓の調整を行うときは基本的に細い鍼を使用し、がんこな筋肉のこわばりや深い部分の硬結には基本的に長めの中国鍼を使用することもあります。

開業して20年のクリスタは10万件の症例を診てきました。院長加藤庸子は、さまざまな難病の治療にも取り組んできました。肩こりや腰痛、首痛、眼精疲労、坐骨神経痛などの日々の不調から、アトピー性皮膚炎やヘルニアなどの慢性の症状、糖尿病や過敏性大腸炎、慢性脱髄性多発神経炎、尋常性乾癬、慢性疲労症候群、パーキンソン病、ヘイリーヘイリー病、筋無力症、むずむず脚症候群、クローン病、関節リウマチ、掌蹠膿疱症、網膜色素変性症などの難病まで、治療実績は多岐に渡ります。

PAGE TOP